私がなんか語る
本やらゲームやら自分のことやら適当に
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


挙手のはなし
小学校時代からよく挙手をしていた。


小学校時代。他の子に混じって挙手する私。答えがわかる前に手を挙げることすらあった。
中学時代。挙手するのは専ら私。
高校時代。やはり挙手するのは専ら私。先生まで困惑した顔をする始末。

他は誰一人手を挙げない。馬鹿な。ここはそれなりの進学校だぞ。これぐらいの問題わからないはずがない。
あるいはみな徒党を組んで、挙手しないことで先生たち(大人)へのせめてもの反発を見せているのか。
聡明な顔をした彼らがそんな青臭いことをするだろうか。

あるいは挙手をすることは恥ずかしいことだという風潮でもあるのか。
友人に問う。「私挙手してるけど、ひょっとして駄目なのかな」
「別にいいと思うよ」「そうか、ありがとう」
とりあえず迷惑はかけていないようだと判断し、その後も挙手をし続ける。


それにしても自分だけが挙手しているのでは、まるで自分が目立ちたがり屋のようできまりが悪い。

何故私が挙手していたかって、惰性である。小学校時代それが良しとされたから、中高でもそれを何となく守っていたのだ。

挙手をしないという手は選ばなかった。先生が問いかけて、みな誰も回答せずシーンとする場面は、いかにも時間の無駄に見えて嫌だったのだ。だったら誤答でもいいから私が答える。

「教室は間違える場だ」と小学校時代の教師が言っていた。わからないならせめて誤答でも「わかりません」でもいいから答えるのが誠実なのでは?というか聞かれたら何かしら答えるのがコミュニケーションの基本では?
(失礼。沈黙も一つのコミュニケーションですね。「基本」を決めつけて押しつけちゃ駄目ですね)


なんでみんな挙手しないんだろうか。ひょっとして自分がおかしいのか。
自分には秘めた目立ちたがり願望でもあるのだろうか。
目立つことをしてみる。大して気持ちは満たされない。


抑うつ状態の辛い時にも頑張って挙手をする。「ボル箱、無理しなくていいんだぞ、保健室に行きなさい」
保健室に行く。「文化祭以来なんか授業に集中できないんです」「ボル箱ちゃん。文化祭終わってからもう二週間も経つよ。軽い燃え尽き症候群ね。今日はもう帰って休みなさい」
常に頭に重しが乗っているような感覚だった。最終的に漢方薬を飲んで治す。

「辛い時は頑張って挙手しなくてもいい」というのをこの時学んで気楽になった。
というかそれにずっと気付かなかったのもやはり思い込みの強さかなぁ。

燃え尽き症候群を引き起こした文化祭での辛い記憶も協力の苦手さが原因にあるだろうな。その話はまた今度。


結局みんなが挙手したがらない理由がわからぬまま。他人の目を気にして恥ずかしがっていたのかな?
私は恥ずかしいと感じるポイントが人とズレてるようだから、こうやって想像するしかない。
みんな他人の目を気にするようになっていくのに私にはなかなかそれが来なくて、何となく小学校時代のルールに執着していたというのが正解かね。


大学時代。挙手する場面なんてほとんどない。気楽。


以上。挙手如きでもにょもにょ考えてた学生時代でした。
これも一種の些細なことへのこだわりでしょうか。まぁどうでもいいけど。


聴覚的短期記憶のはなし
一昨年の記憶検査のあらすじ
>せんせ「ボル箱ちゃん聞いたこと半分しか再生できなかったよね」
>せんせ「つまり、耳から入った情報を半分ぐらい取りこぼしちゃってるのね」
>せんせ「そこADHDっぽいね。大丈夫?日常生活で困ってない?」
>せんせ「ちなみに数値でいうとここぐらい(せんせ、IQグラフの80あたりを示す)」
>私「ちょwwwww」


その後


私「聴覚的短期記憶?が80ぐらいってどういうこと」カタカタ

―――――――――――――ここから専門的な話(飛ばしてもOK)――――――――――――

・「記憶障がいの検査」
http://www.pref.tottori.lg.jp/126270.htm
>ウェクスラー記憶検査
>標準値は100点で、85点以下で記憶障害が疑われます。


私「え?下手したら(その項目だけ)記憶障害レベル?詳しく」カタカタ

・「コトバンク ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説」
https://kotobank.jp/word/%E8%A8%98%E6%86%B6%E9%9A%9C%E5%AE%B3-163167
>記憶障害
>頭部外傷や器質的障害,異常体験などにより記憶メカニズムに障害が発生すること。
>記憶は,記銘,保持,再生という流れに沿って成立する。
>集中力不足や注意力散漫,意識障害によって記銘障害が起るが,老人性記憶障害はこの記銘障害に入る。


私「なるほど。ADHDっぽさ(集中力不足・注意散漫)が記憶障害に繋がり得るということか」
私「そういえば知能検査(WAIS-Ⅲ)でも数唱の得点が特に低かったらしい。関係あるか?」

・「WISC-Ⅲ知能検査の見方について」 - 兵庫県立教育研修所
http://www.hyogo-c.ed.jp/~tokucen-bo/wisckaisetu.pdf
>数唱 聴覚的短期記憶

・「注意障がいの検査」
http://www.pref.tottori.lg.jp/126269.htm
>数唱課題
>口頭で提示される数字を復唱・逆唱する検査です。
>聴覚性の注意の持続と、短期記憶が評価されます。CATの下位検査の1つでもあります。

私「どんぴしゃだな。先生は知能検査の結果を見て、わざわざ記憶検査(WMS-R)も追加で行ったのか。

―――――――――――――――――専門的な話終わり―――――――――――――――


つまり知能検査でも記憶検査でも「聴覚性の注意の持続」あるいは「聴覚的短期記憶」がゴミ、と。
でも普段の会話ではそこまで困っていない。どうしてか。
(情報が無いので完全に私の推測ね。私みたいな人いたら意見ください。)

一般的な人は情報を取捨選択するけど、私はその拾える分が少ないだけで、大切な情報は拾えてるから何とかなってるのでは。
知能検査の先生によると私は「全体の流れを掴む能力」が高いらしいから、それである程度補えてるのかも。話の筋・流れを掴みやすい。

それでも複数人のペースの速い会話には時々ついていけないけどさ~。
twitterは聞き洩らさないから本当楽。。。


長めの英文を、音読してから暗唱したり、ディクテーションしたりするのが結構苦手なのもこれのせいかな。全部覚えなきゃいけないから。
リスニングの方が少し楽。必要な部分さえ聞き取れればいいから。
みんなそうかもしれないけど、自分の中じゃ落ち込みが激しい気がして。

最近英検のために過去問のディクテーションしてるけど、5wordぐらいで止めながらやってます。余裕が出てきたら伸ばすつもり。
ここまでハードル下げてやっとディクテーションの効用がわかった。楽しい。


将来の仕事に響かないといいな…。電話応対できるか確かめておこう。



※同日追記(ライフハック関係の話)

聴覚的短期記憶弱いマンの会話以外の弱点。口頭での指示を忘れること。今のところメモで解決してます。

「ほぼ日手帳(オリジナル)」便利です。一日たっぷり一ページ。開いてても勝手に閉じないのがミソ。
机の端っこに常に開きっぱなしにして、外出時は持ち歩いてます。これですべきことも忘れない。
頼まれごともすぐメモするのでほぼすっぽかさなくなりました。

コンビニバイトの仕事の手順も空きページにバーってメモって、端を折って参照性を上げました。
コーヒーメーカー掃除とか新聞の返品処理とかで脇に開いておきます。次第に覚えていきました。

知り合いの名前・プロフィールはね…出会った日に手帳にメモってたんだけどそれだと参照性に欠けるので、別売りの「ほぼ日のメモ帳セット」の一冊を知り合い辞典にして手帳にくっつけてます。現在試験運用中。

(例)
◎富竹先輩(トミー) 4年 写真部
 眼鏡をかけたマッチョな先輩。どこか愛嬌ある顔がかわいい。怪奇事件の話で盛り上がった。

◎鷹野先輩 4年 オカルト民俗学の授業
 金髪美人。頭いい。富竹先輩と付き合ってるらしい?



映画『ベイマックス』ネタバレ感想
タダシのオリジナルカード(以下医療カード)が今作のキーアイテムかな。
制作者の願いであり、残された兄の想いであり、ベイマを構成する大切なパーツであり。
「タダシはここにいます」というベイマの台詞も多分これを指してたのかもね。

ヒロが興奮して兄の名入りの医療カードを抜き捨てるシーンでニヤッとした。
制作者、亡き兄の想いを捨てて、止めに入った仲間も捨てて…そしてベイマが包み込むと。
今回ハグも重要な動作ですね。

ベイマのロケットパンチに包まれていたのも医療カード。ベイマの強い外見と優しい中身の象徴ですね。この実は生きてた展開とても上手だったね!

あと、空手の寸止めを医療カードと戦闘カードの折衷技として使ってて上手でした。
私「よかった、死人はでなかったね」兄「お兄さんは犬死にだったね」



マイクロボットとか最初に出してくるから「おいおいいきなりそんなの出すのかよ、パワーインフレすんぞ」と思ったけど、ラスボスの武器でしたね(笑)
量産するのは売りさばくためじゃなくて、復讐の道具にするためだったんだね~。ミスリードが非常に上手い。
迫力絶望感かっこよかったね~!!



途中までは意外とリアリティがあったんだけど、「みんなもパワーアップしなきゃね」で完全にアメコミに移行しましたね!
やっぱりアメリカ人はヒーローになりたいんですね!!というかライダースーツのデザインもうちょっと何とかなりませ(略

そういえばヒロは"Hero"でタダシも「正しい」ですね。タダシは漢字名「義」だから、「正義のヒーロー」と。なるほど。



ベイマとヒロ以外の四人の活躍に明らかに差がついていて面白かった(笑)
みんな均等に活躍させようとしてみんなビミョーになるのもあれだからなー。絞ったのか。

活躍順
ガム姉さん>怪獣ボンボン>風船姉さん=カッタ―わさび

ガム姉がカーチェイスでもバトルでもヒロ慰めるのでもいいとこ持ってくんだよねー(笑)かっこよかったよガム姉!…え?ゴーゴー・タメゴ…?
ボンボンはあの怪獣スーツでほんとに満足してんのか。てかエンドロール後謎のおまけが付いてたね。よかったねボンボン。
風船姉さん影薄かったな… 兄「カービィのボム並みに影薄い」私「シールドは固かったね」兄「パーティの中の防御力特化キャラかな」私「にしては自分しか守ってないね」兄「むー」

カッタ―わさびはちょっと下で言及します。


必要な情報交換だけ好む理系極まった人感ね(笑)
「この素材丸々だね」「この素材何?」「丸々だよ」「なるほどね」
序盤はこのやり取りが本当に多かったね!そして大学のキワモノだらけ感。マイペースな天才の集う空間。

カッタ―わさびの、位置をズラされるのを嫌がり、どんな時も法を順守しようとするのが、ちょっとアスペ感を匂わせた。
ベイマも字義通りに捉えたり人の触れ合いを学んだりしてましたね。まぁロボだし。

意図的かもしれんね。アメリカのティーン向けの本でADHDの少年が主人公の冒険物語を知っている。
(『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』シリーズ)
アメリカは人権意識が強くて多人種的なイメージだし、そちらの方も個性として溶け込ませようとしているのを感じた。
「あの子なんで物の並べ方に拘るの?変なの」「ほら、ベイマックスのわさびもそうだったでしょ」「ああ、そういうタイプの子もいるんだね!」みたいな。

でも作中のワサビガム姉さんの下位ごかn(略

兄「斬撃で被ってんだよなぁ…一方は遠距離攻撃できるし素早いし」
私「運転もね」
兄「やめろよ!ちゃんと法守ってたろ!」



とりあえずここまで


右代宮真里亞とアスペルガー症候群
※アスペルガー症候群(今日自閉症スペクトラムに含まれる)自体の基本的な説明は端折ります。すみません、ググってください。


昔から時々言われてることらしいですけど、真里亞はアスペっ子かもなと思います。
私は医者じゃないし診断基準も曖昧なので断言はしませんが。

これはあくまで個人の見解です。以下の文には全て「と思う」「な気がする」が付いていると思ってください。

アスペへの誤解・偏見に基づいて真里亞クラスタが傷ついたり真里亞叩きの材料になったりするのを私は望みません。



さて本題。真里亞にはアスペの人に多い特徴が結構見られるので、以下に挙げていきます。

・クラスメートと遊べない。大人や年下の子とは上手くいきやすい。両者とも自分のペースに合わせてくれるため。

・歳の割にちょっと子どもっぽい。楼座が焦るレベル。

・好きでこだわる自分語がある。他人に奇異に見られやすい。うーうー。
>「馬鹿言ってんじゃないわよ!! 真里亞がいくつか知ってる? 9歳よ?!
>小学4年生なのよッ?! 幼稚園児じゃないのよッ?! それなのに、まだクラスでうーうー言ってるのよ!! わかる?!
>この子、クラスで何て言っていじめられてるか知ってるの?! この変な口癖のせいで、未だに友達のひとりもいないのよ?! 無責任に真里亞のことを可愛いとか言って現実から目を逸らさないで!! この子の将来のことを、もっともっと真剣に考えてッ!!!」

>「ハロウィンハロウィンうるさいのよあんたは…。魔女のお祭り…? ケルト人が何よ、黒魔術が何よ、馬ッ鹿じゃないの……? あんた、9歳よ9歳…。電車であんなに騒ぐから、わざわざ電車降りてまでその蛍光塗料みたいな気持ち悪いオバケマシュマロを買ってやったのよ…。


・幼少期から特性が出ている。
>「……昔は楼座叔母さんも、真里亞ちゃんの幼児言葉のひとつだくらいにしか思わなかったんだけど…。小学校の中学年になっても、治らないのを最近はだいぶ気にしてて…。」

・オカルト知識豊富。○○博士と呼ばれるアスペっ子は多い。ベアトのような理解者に高く評価されることも。

・その話題になると口調が変わりマシンガントーク発動。

・「ずっと薔薇を探してなさい」の言葉通りに嵐になろうが薔薇を探す。
>…………6年前の真里亞は3歳だった。
>言われたことは何でもかんでも鵜呑みにする無垢な可愛いヤツだった。
>…しかしあれから6年経ってるんだぞ!
>9歳にもなりゃ、良いことも悪いことも経験して普通はスレる。
>……なのにお前ってヤツはまだ純粋無垢なままでいやがるってのか…?!


・反響言語(エコラリア)。
>「…………不吉。…………不吉。」
>真里亞はうわ言のようにその言葉を繰り返す。
>ひとつの単語を連呼するのは真里亞の昔からの癖らしい。


下はちょっと自信がないです。要再考。

・時と場合によってはちょっと表情が乏しい?
>真里亞が俺の背中をさするような仕草をしてくれたので、お返しに頭をぽんぽんと叩いてやった。
>…表情は相変わらずの無表情だか、気遣いたい気持ちが伝わってくる。

>…真里亞は母である楼座叔母さんが殺されたと教えられえても、特に感情のゆらめきを見せなかった。
>…真里亞の9歳という年齢は、こんなにも幼いものだったのだろうか……。


・愚直、真面目、素直。アスペっ子がよく言われる気が…する。
 「障害者はココロがキレイ☆」ってんじゃなくて、人間関係不器用だとそうもなりやすい気がする。表裏なかったりね。
>「お、おいおい…、真里亞は9歳のお子様だぜ?! 誰と、何を共謀するってんだよ! しかも愚直で真面目で素直なあの性分だぜ?!」



<おまけ>

楼座にアスペの知識があったら、真里亞とそこまで拗れなかったのかな、と妄想してみます。
しかし、そもそもアスペルガー症候群という診断名ができたのは1981年のイギリス外国でのこと。
知名度も低く、一般向けの関連書籍もあまり出てなかったでしょうから、1986年までの時点で楼座が気付くのは相当難しいと思います。



ちなみに参考年表(?)

1944年 ハンス・アスペルガーが論文を発表する

1981年 ローナ・ウイングがアスペルガーの業績を紹介・再評価。英語圏で話題に。
     当事者に共通して見られる特性が「三つ組の障害(※社会性・コミュニケーション・想像力)」としてまとめられ、アスペルガー症候群という診断名になる

1986年 六軒島爆発事故が起きる

2004年 日本で発達障害者支援法ができる

2013年 DSM-5でアスペルガー症候群という診断名が消え、自閉症スペクトラムに統合される


参考文献
・07th Expansion 製作(2007)『うみねこのなく頃に』
・宮尾 益知 監修 (2015)『女性のアスペルガー症候群 』健康ライブラリーイラスト版
・本田 秀夫 著 (2013)『自閉症スペクトラム -10人に1人が抱える「生きづらさ」の正体- 』ソフトバンク新書

参考URL
・「アスペルガー症候群を知っていますか?」Web版・日本語

ちょっとズレてる人のはなし
ごめんなさい盛り沢山になっちゃいました。
後半じゃ自閉症スペクトラムは障害か個性かとか、診断受けるべきか否かみたいな話もしてます。


診断降りてね、すっきりしたんですよね、私。自分って謎なやつだなってずっともやもやしてたので。
高校クラス文集の「自分を一文字で表すと」ってのにデカデカと「謎」って書きましたからね。
考えれば考えるほど自分って矛盾だらけで。自分って何考えてんだろうってずっと考えてました。
少し親しい人に、「自分ってどんなやつ?」ってよく聞いてました。
まぁ思春期だからってのもあるかもしれんけど。


「悪意があるんでしょ」って高校時代親しかった子に言われて。
悪意ってなんだろう、自分は無意識の内に悪意を抱いているのだろうか、
自分はそう疑われても仕方のないような酷いことをしておきながら気付かない生来の悪人なのだろうか、ともやもや考えていました。
今では、お互い若いなりに非があって、それに不幸なすれ違いが重なったのだ、と結論付けていますが。



軽いアスペの人は、普通の人とちょっとズレてて、だから日々の人間関係の摩擦が多いのではないか…と。
それがあまりにも降り積もると、自分が悪いか、世界が悪いか…みたいな思考になってしまうのではないかと。自分の中か外に攻撃が向くわけね。
内に向かうと、鬱病とかになって、外に向かうと、反社会性パーソナリティー障害とかになるのかな…と。

どっちが悪いわけでもなくて、ただ、差があるだけなんだと…自分も憎むな。世界も憎むな…。それが私の最近の考えです。

それに、その差は悪いものではないです。
世界の認知の仕方がちょっとズレてる人と話すのって、面白いでしょ?天然ちゃんとか子どもとかね。
そういう人達がいると世界って豊かになるでしょ?
というか軽いアスペの人と天然ちゃん不思議ちゃんは多分被ってますよ。
現に私は面白い子と言われ易いです。幸いなことに。



自閉症スペクトラムが障害か個性かって、よく盛り上がるテーマなんですよ。
そもそも自閉症スペクトラムって何ぞやって話ね。超ざっくりまとめますよ。間違ってたら言ってね。

元々、「自閉症」と「アスペルガー症候群」ってのが別々で見つかってたんですけど、ある医者がこう考えたんですね。
「もしかしてこの両者には、ある特徴が共通してて、その濃淡が違うだけなんじゃないか」、と。
で、これら+αをみんな「自閉症スペクトラム」とまとめたわけです。スペクトラムって連続体って意味ね。
だから、ちょっと変わってるかもって人から知的障害の入った人まで、みんな同じ診断名が付くわけ。条件さえ満たしてりゃね。不思議な気分だけど。
広義の自閉症スペクトラムの人は10人に1人だとか唱えるお医者さんもいるからね!
(この方の著作面白かったです。『自閉症スペクトラム -10人に1人が抱える「生きづらさ」の正体- 』 )

とすると、程度の相当軽い人まで障害って言うのはもやっとしませんか。黙ってりゃ天然ちゃん不思議ちゃん扱いで終わる人ですよ。もはや障害というか個性だよね。
でも、「そんなの個性だろ!障害なんて言うな!甘えだ!」とか言うと、程度が重くて本当に苦しんでる人を無視してしまうわけです。


自分的には、「困っていりゃ障害で、困ってなければ個性」とざっくり考えてます。
だから、今のところ工夫をしてあまり困っていない自分のそれは、個性だと思ってます。


程度の軽い人は診断を受けるべきか否か。私はとにかく白黒つけたかったので、受けました。
自分の謎だらけの人生の種明かしのようで、変な話、カタルシスが凄かったです。

仮に誤診だったにしろ、私はその説明で納得して、日常生活に適切な工夫を施し、大学でリア充ライフを送れてるので結果オーライかと。
やっと自分のアイデンティティーがまとまったこの安堵感。幸せです。


まとめると、私ぐらい軽いと診断受けない人も多いみたいだけど、受けるのもオススメだよ、という話。医師も少ないし予約もなかなか取れないけどね…。
受けるまで行かなくとも、自分その傾向あるかもって思ってる人は本読んでおくと色々捗るのではないかと。

女性のアスペルガー症候群』という本をオススメしておきます。女性向け、貴重。この痒いところに手が届く感じたまらん。
この『健康ライブラリーイラスト版』シリーズは全体的にわかりやすいですよ。
『大学生の発達障害』『思春期のアスペルガー症候群』『大人のアスペルガー症候群』『自閉症スペクトラムがよくわかる本』…色々出てます。

あなたがあなたであるために―自分らしく生きるためのアスペルガー症候群ガイド』もオススメ。表現が易しくて優しい。


アスペとかのワードをネットでググると地雷踏みやすいので気をつけて…。書かれたのが古い本も地雷だったりします。偏見の入ったキツい記述があって凹むことがあります。
大型書店や図書館で、書かれたのが比較的新しい本見るのがいいと思います。amazonでの評価もチェックするといいかと。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。