私がなんか語る
本やらゲームやら自分のことやら適当に
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


右代宮真里亞とアスペルガー症候群
※アスペルガー症候群(今日自閉症スペクトラムに含まれる)自体の基本的な説明は端折ります。すみません、ググってください。


昔から時々言われてることらしいですけど、真里亞はアスペっ子かもなと思います。
私は医者じゃないし診断基準も曖昧なので断言はしませんが。

これはあくまで個人の見解です。以下の文には全て「と思う」「な気がする」が付いていると思ってください。

アスペへの誤解・偏見に基づいて真里亞クラスタが傷ついたり真里亞叩きの材料になったりするのを私は望みません。



さて本題。真里亞にはアスペの人に多い特徴が結構見られるので、以下に挙げていきます。

・クラスメートと遊べない。大人や年下の子とは上手くいきやすい。両者とも自分のペースに合わせてくれるため。

・歳の割にちょっと子どもっぽい。楼座が焦るレベル。

・好きでこだわる自分語がある。他人に奇異に見られやすい。うーうー。
>「馬鹿言ってんじゃないわよ!! 真里亞がいくつか知ってる? 9歳よ?!
>小学4年生なのよッ?! 幼稚園児じゃないのよッ?! それなのに、まだクラスでうーうー言ってるのよ!! わかる?!
>この子、クラスで何て言っていじめられてるか知ってるの?! この変な口癖のせいで、未だに友達のひとりもいないのよ?! 無責任に真里亞のことを可愛いとか言って現実から目を逸らさないで!! この子の将来のことを、もっともっと真剣に考えてッ!!!」

>「ハロウィンハロウィンうるさいのよあんたは…。魔女のお祭り…? ケルト人が何よ、黒魔術が何よ、馬ッ鹿じゃないの……? あんた、9歳よ9歳…。電車であんなに騒ぐから、わざわざ電車降りてまでその蛍光塗料みたいな気持ち悪いオバケマシュマロを買ってやったのよ…。


・幼少期から特性が出ている。
>「……昔は楼座叔母さんも、真里亞ちゃんの幼児言葉のひとつだくらいにしか思わなかったんだけど…。小学校の中学年になっても、治らないのを最近はだいぶ気にしてて…。」

・オカルト知識豊富。○○博士と呼ばれるアスペっ子は多い。ベアトのような理解者に高く評価されることも。

・その話題になると口調が変わりマシンガントーク発動。

・「ずっと薔薇を探してなさい」の言葉通りに嵐になろうが薔薇を探す。
>…………6年前の真里亞は3歳だった。
>言われたことは何でもかんでも鵜呑みにする無垢な可愛いヤツだった。
>…しかしあれから6年経ってるんだぞ!
>9歳にもなりゃ、良いことも悪いことも経験して普通はスレる。
>……なのにお前ってヤツはまだ純粋無垢なままでいやがるってのか…?!


・反響言語(エコラリア)。
>「…………不吉。…………不吉。」
>真里亞はうわ言のようにその言葉を繰り返す。
>ひとつの単語を連呼するのは真里亞の昔からの癖らしい。


下はちょっと自信がないです。要再考。

・時と場合によってはちょっと表情が乏しい?
>真里亞が俺の背中をさするような仕草をしてくれたので、お返しに頭をぽんぽんと叩いてやった。
>…表情は相変わらずの無表情だか、気遣いたい気持ちが伝わってくる。

>…真里亞は母である楼座叔母さんが殺されたと教えられえても、特に感情のゆらめきを見せなかった。
>…真里亞の9歳という年齢は、こんなにも幼いものだったのだろうか……。


・愚直、真面目、素直。アスペっ子がよく言われる気が…する。
 「障害者はココロがキレイ☆」ってんじゃなくて、人間関係不器用だとそうもなりやすい気がする。表裏なかったりね。
>「お、おいおい…、真里亞は9歳のお子様だぜ?! 誰と、何を共謀するってんだよ! しかも愚直で真面目で素直なあの性分だぜ?!」



<おまけ>

楼座にアスペの知識があったら、真里亞とそこまで拗れなかったのかな、と妄想してみます。
しかし、そもそもアスペルガー症候群という診断名ができたのは1981年のイギリス外国でのこと。
知名度も低く、一般向けの関連書籍もあまり出てなかったでしょうから、1986年までの時点で楼座が気付くのは相当難しいと思います。



ちなみに参考年表(?)

1944年 ハンス・アスペルガーが論文を発表する

1981年 ローナ・ウイングがアスペルガーの業績を紹介・再評価。英語圏で話題に。
     当事者に共通して見られる特性が「三つ組の障害(※社会性・コミュニケーション・想像力)」としてまとめられ、アスペルガー症候群という診断名になる

1986年 六軒島爆発事故が起きる

2004年 日本で発達障害者支援法ができる

2013年 DSM-5でアスペルガー症候群という診断名が消え、自閉症スペクトラムに統合される


参考文献
・07th Expansion 製作(2007)『うみねこのなく頃に』
・宮尾 益知 監修 (2015)『女性のアスペルガー症候群 』健康ライブラリーイラスト版
・本田 秀夫 著 (2013)『自閉症スペクトラム -10人に1人が抱える「生きづらさ」の正体- 』ソフトバンク新書

参考URL
・「アスペルガー症候群を知っていますか?」Web版・日本語
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。