私がなんか語る
本やらゲームやら自分のことやら適当に
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


聴覚過敏で聞き取れないやつをちょっと克服したかもしれないはなし
07th partyという私の趣味関係の即売会が先日ありましてですね、前後のオフ会含め、未だ嘗てないほど楽しみました。即売会関係者さんオフ会主催者さんはじめ、本当にみなさんありがとうございました。


さて、私、アスペは受け入れ、趣味やリアルの世界に再び舞い戻っていたのですが、それでもアスペを意識せざるをえない瞬間が時々あるわけでして。
それは例えば、以前記事にも書いた聴覚過敏のこと。飲み会で聞こえないアレです。疲れてると酷い。

前回のオフ会で少しやらかしたので、今回はコンディションに気をつけて臨みました。


さて、即売会後のくじ引き大会で座ったまま爆睡して体力を回復していたためか、その後の肉料理オフ会、あの人数にも関わらずよく聞き取れました!!
よっしゃ!!!!!よっしゃ!!!!

一度、隣の方が直接私に話してくださるのが聞き取れなくてピンチに感じましたが、野々村さんのごとく両耳を手でこうやって、もう一度言っていただいて無事聞き取れました。
やった!!!!やったぜ!!!!
なんだろう、パラボラアンテナ向ける感じかね。耳の凸凹によく声が当たるようにするのです。傍から見るとちょっとバカっぽいかも。むむ。


ということで、ちょっとコントロールできたことに自信を持ったのでした。まぁ軽度だからだろうけど。
一応これでも中学時代は給食で聞き取れなかったのだぜ。まぁいいや。


本当に大変な人は教室の最前列にいても後ろの喋り声で先生の話が聞こえないらしいぜ。あとエアコンの音が気になっちゃったりとか。
「これぐらい喋っても大丈夫だろ」と思ってる人。君の感覚を共有しない人もいるのだぜ。

私は軽いから教室の前から一、二列目に座るんで済むけどね。




おまけ、親父の聴覚過敏の話

親父は私を上回るすごいアスペ疑惑なのですが、よく母と口論してたのでして。
で、母、仕方ないんだが、気持ちが高ぶると声が高くなるんだな。
それで、父が「キンキン声が頭に刺さる!!!」と騒いで、母が怒って泥沼化することもあったわけです。

今回私のアスペ発覚にあたり、親父もその気濃厚だということがわかりましてね(子が発覚して親も発覚するというのはよくあることらしい)
私、もしやこれ聴覚過敏かと思って、母に説明したんですよ。
母も納得して、気をつけてるみたいです。
それで最近少し上手くやってるように見えますね。よかった。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。