私がなんか語る
本やらゲームやら自分のことやら適当に
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


聴覚過敏のはなし
自分でもわけがわからずに体内に煙のように溜めこんでいたもの
それを結晶化させて、吐きだしていけば楽になる気がした。
だからこれはセラピーの一環として書いている。



アスペの特徴の一つに感覚過敏/感覚鈍磨と言うものがある。
幸いにして私はそれがあまり強くない方だ。


聴覚過敏はちょっとあるかな。音自体が苦手なパターンカクテルパーティー効果が弱いパターンね。


話しやすい後者から話そう。騒がしい所や大人数での飲み会やお食事会は苦手だ。なんせ雑音で周囲の話がかき消される。下手したら隣の人の言葉も聞こえない。飲み会とは数千円払って疲れに行くところなのか、とアスペを知らない頃は思ったものである。

正面に座る人がネタを飛ばす。ところどころしか聞き取れない。オチは聞き逃す。ドッと哄笑する周囲。遅れて曖昧に作り笑いを浮かべる私。

後に皆と話してみたところ、どうやら皆が十割聞き取れている所を私は七割程しか聞き取れていないようである。
七割ならいいじゃんと言われるだろうが正直全力で話に集中しようとしてこれである。話を楽しむ余裕もない。断片的な情報を元にどう意見を返したものかもわからない。結果ひたすら黙って集中して聞こうとすることになる。

一度、そのような状態の私に、先輩が「テレビ見てるみたいでかわいい≧∀≦」と言ってくれたことがある。傍から見るとそんな感じなんだろうな、と思う。

静かなところで五人が限界かな。これからは参加人数と場所を確認して、参加するかどうか判断することにしよう。

ちなみに地下鉄のホームに入ると私は無口になる。うるさくて会話なんて出来たものじゃないからだ。


で、前者。赤ん坊の泣き声や子どもの声が苦手である。まぁみんな嫌なんじゃないかとも思うけど。何で赤ん坊用の猿轡未だに開発されないんだ?

通学の電車や休み時間、ヴァイオリンの練習の際にノイズキャンセリングイヤホンをつけるようにしたら明らかに疲れにくくなった。
無意識の内に騒音で大分疲れていたのかな、と思う。



後はほんの軽い触覚過敏?ショートヘアにすると毛先が首に超ツンツンしてストレスマッハなので常にロン毛です。
そしてちょっとくすぐったがり屋。腕を指で触られるだけでくすぐったがる。小学校時代はくすぐりっ子のターゲットにされてよく爆笑させられてクラスメートの顰蹙を買ったものだ。私は被害者だ!!(笑)
服のタグがくすぐったいってやつは小学校時代だけだったな。



ちなみにこちらのブログ様の記事が大変わかりやすかったので勝手にリンクを貼らせていただきます。

他者と私と自閉症スペクトラム障害(アスペルガー症候群) 「感覚過敏って例えばどんなの?」というお話
http://asshiro.blog116.fc2.com/blog-entry-206.html

スポンサーサイト

ジョーカー六月号のうみねこの感想2 呟いたのまとめ
twitter、ふせったーで呟いた感想をまとめました
ふせていた文字はオレンジで表記しています
1ツイート毎に行間を開けています


ジョーカーのうみねこ読んだ
えっちょっと待って衝撃の事実明かしてないえちょっと待って

バトベア心中からep1のメタバトベアにつながるってことなのつまりは?え、えぇ!?

じゃあep1~ep5のベアトは戦人にこの心中やイチャイチャのことも思い出してほしかったってことなの
ねえ勘違い?これ私の勘違い?

私はすごくびっくりしたんだけど何で全然話題になってないのさ!?!?
ああ、まだみんな読んでないのか?

ああもう今回の感想一々伏せるのも面倒くさいからブログにまとめる!

もうポルナレフよポルナレフ

ジョーカー六月号のうみねこの感想 http://linkis.com/volbako.blog.fc2.com/GePNg

本当最後まで楽しませてくれるじゃないかうみねこは!!!!

新しいバトベアすごく美味しいです夏海先生本当に本当にありがとうございます!!!!

トータルで二時間近く今月号のうみねこ眺めまわしてた

じゃあ煉獄って表現してたけど正にあれは煉獄だったんだな…

興奮を持て余す

脳の変な汁ヤバいんだけど

弔い系男子戦人さん

あの心中から戦人犬調教プレイに移行すると考えるとすげー胸熱

今月号のラストの追加部分推理できてた人いたんだろうか
いやちょっともう見たことなくて不意打ち過ぎてすごくびっくりしてるんだけど

(正直お前をさらうより世界を見せてやるぜの方が口説き文句として好き)

ep5の戦人ね、何であそこまで謝るんだろうと思ってたの
この心中あたりのやりとりも思い出してたからかな
口説いて励ましておいてそれらの出来事をすっかり忘れていた自分が申し訳なかったのかな

いや、でもでも、真実に至った戦人が雛ベアト見てキレてたのがよくわからんぞ
だって雛ベアトの喋り方とかって正に今月号のベアトの喋り方じゃん
うーん、でも出題編みたいな喋り方のベアトの方が慣れ親しんでいて好きだったのかな

じゃあep5の駒ベアトの「もう騙されぬぞ」ってこの心中あたりの会話も指してたんだろうか
で、戦人が「俺がお前にどんな嘘を吐いた?」って返すの
だって『もう』ってことは、騙されたのが一度だけじゃないってことでしょ?


あのラストの追加部分本当推理してた人いたんだろうか

ジョーカー六月号のうみねこの感想
とりあえず読みながらメモっていったのをページの流れ順に書き起こしていきますね

・譲治の死体を見て泣くベアト!いい追加場面だ
・あでも朱志香の死体へのリアクションはちょっと薄いね…まぁベアトにとっては恋人ってかお友達だったからしょうがないのか…?

・死体に慣れてない戦人の泣き顔クソかわいい
・クソクソひぃぃが不意打ちで笑う

・「身内が同士」のとこ、二人は同じ事実を共有したかに見えて、それぞれ勘違いしてたんだな
 戦人は絵羽が犯人だと思ってベアトはそれに気が付いていないで同情しているんだな
 だから十八は絵羽を勘違いしたまま告発したのかな

・自省するベアトいいね!「よくわかんねーけど、あんたはずっと苦しかったんだな」って言葉は戦人の生来の情け深さから出てるんだな
 まだこの時点じゃ頬は染めてない(恋心は抱いてない?)し
 彼の情け深さは、度々推理で彼の足を引っ張ったように書かれてたけど、ベアトはちゃんと救えたんだな…
 大切な場面では長所はちゃんと長所として活きたんだね
 
・ベアトの口調チェンジでポカンとする戦人さんかわいい

・戦人は正直鷲より鶏のイメージ

・ベアトのこの励ましで、これまで同情的だった戦人は初めて彼女をかわいいと思ったんだな。初めて頬を染めてる。

・このバトベアの恋の芽生えって吊り橋効果もあるんじゃねーの

・結構遺体に拘る戦人さん
 「死者を辱めるな!!」とか言うしね
 弔い系男子

・うわあああああバトベアおんぶぅううううう
・「そなたを助けたい」でいきなり口調が荒くなる戦人さん
 照れ隠し?そんな顔に見えないけど…。焦っててゆとりないのかな

・ベアト+インゴット一本を抱えて走ってた戦人さん
 戦人「道理で重いわけだ」

・「お前を、さらう」何だこの戦人ゲロ甘マスク浮かべやがって(誉め言葉)
 ベルンが吐くわ
・ベアトの不意突かれた顔かわいい


・この洞窟の出口を拡大するカットは原作再現だね

・「罪を生きて償う~」のあたりでベアトさん紐いじってるな

・頬を染める戦人うぶでかわいいけど何かパンチしたい
 最後のコマの情欲の出てる戦人なんだよ殴りたい

・この一枚絵の対比いいね~!!ベアトが落ちるbefore&after

・やっぱり相手が譲治の時同様「呪われた体」を知られるのが怖いのか

・追いかけてきた戦人ジャケット着てる!!!
 「さっきの戦人とは違うよ」ってことだろうけど、やっぱりジャケットあった方がバトベアって感じするよね

・眠るベアトと微笑む戦人。うん、最期に相応しい

・え!?心中後に出てくるあの白い猫箱の中身が、原作の魔女の喫煙室(メタ世界)なの!?!?
 心中後のバトベアはep1のメタバトベアになるの!?

 で戦人だけ記憶を失ってる!?え!?ベアトは心中覚えてるのに!?
 じゃあベアトがep1~ep5で散々戦人に「思い出せ」って言っていたのはこの心中やその前のやり取りも指していたの!?
 おいおいベアトのイメージガラリと変わらないか!?すごく同情しやすくなるよな!?
 なんだこれすげぇカタルシスなんだけど!!!!なんで原作でやらなかったよ!?!?勿体ないっしょ!?!?
 ここまで推理するのキツイっしょ!そこまで期待していたの竜騎士さんは!?!?
・でも戦人の記憶喪失は謎だな。十八の記憶喪失と合わせてるのか?


とりあえずここまで

診断から五カ月
学業、バイト、サークル×2を見事に両立させています。人間関係もそれぞれ非常に良好。
バイト先で店長さんに気に入ってもらえたようです。
「最近幸せそうでよかった」と母に言われました。

ストレスコントロールが非常に上手くなりました。
一人でいる時間を充電時間として大切にするようになったからです。
部室での人の話し声に疲れたら気軽に抜け、飲み会には無理に参加せず、マイペースを守るようにしています。

フラッシュバックも「はいはいアスペアスペ」と見事にかわせるようになりました。
私は定期的にストレスが爆発して滅茶苦茶怒ったり泣いたりしてその度に自己嫌悪に陥っていたりしていたのですが(所謂不定愁訴なのかもしれません)最近それがめっきり途絶えました。本当に楽になりました。

最近全然怒っていません。ずっと安らかな気持です。本当に待ち望んでいました。このような平安は死後の物なのだろうかと思っていました。生きている内にそれが訪れて本当に良かった。


診断受けて良かったです。確かにショックでしたが、やっと等身大の自分を捉えられました。
暴れ馬の手綱をやっと握れた感じです。
そして今、きっちり自分をコントロールしてリア充キャンパスライフを送っています。
ありがたいことです。家族に、友人に、サポートしてくださった方々に感謝。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。