私がなんか語る
本やらゲームやら自分のことやら適当に
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『Honeymoon of golden witch』感想
梅沢菜摘さんのうみねこのなく頃にの二次創作『Honeymoon of golden witch』です。
本当に遅ればせながら実況風感想。ごめんなさいorz

地味にイタリア旅行記とか英文のチェックとかお手伝いしました。後者は母にも協力をお願いしましたが。


<温泉編>

・【幻想乙ー】:温泉のシーンは戦人が生んだ幻想
 『案外自分の理想と完全に一致してるからビビってるだけ』:戦人の幻想と、ということ
 『つーか童貞の幻想キモい』←『筆おろし済ませてるかもしれないぜ!』:童貞が論点の攻防

・ところで童貞がマイナスステータスになるのって不思議じゃない?

・セ○クスしたくてもまだ心の準備が…

・ゲーム上で(幻想で?)セ○クスをシミュレートする


<動物園編>

・意外とウブな戦人

・人に見られてるってメタな話ですか

・お墓に新しいミステリー本供える妄想は私もする

・「ついでに口紅でも塗りなおして来るのかね」よく観察してんね戦人さん。私だったら多分気付かんぞ

・すっごいラブレターって十八が書いた後半EPですかね

・ネットのベアト叩きな。ベアトも傷ついている

・「どのくらい好きかはアレの方を参照ってことで……」→十八が書いた後半EPか?

・告白完了

・宇宙を構成する最少人数は2人

・千回キスしたらセ○クス。そういう段階の踏み方か


<東京ばな奈編>

・ベーカー・ハイム221b→元ネタはホームズの住所、ベーカー街221Bか。ハイムは独語のhome。アパートっぽい

・鑑識医意識してる医者志望も珍しいような

・ランボリギーニ・カウンタック。ググったけどドアの開け方に笑う。耳みたいでかわいい
 作者が旦那様から聞いた車種だったりして、とか考えちゃう

・魔法頼りじゃなくて現実的に解決したい…

・ブラック・ベア、ディック・ブルーナ、ミッフィー。なるほど

・ブラック・ベア?手帳に印刷されていたのか?
 「本当にいたんですね、ブラック・ベア」←この言い方がちょっと気になる
 黄金郷で動き回るペットの如きブラック・ベアがベアトの手元にいるのを少し想像した

・黄金郷で高校に通うのか

・夫の魔女の弟子って縁寿?再読すると幾子のことか

・戦人は黄金郷から出られるのか…十八に憑依?するのかしら

・動物園には十八と縁寿が行ったのか?


<イタリア編>

・私がお伝えしたイタリアネタだ~
 記念切手意外とお洒落な物なかったんだよなぁ…

・バトベア二次を漁るベアト(混乱)

・角材みたいな置物…??

・アイマスやアイドルの知識が注入される。二次と三次がごっちゃになる

・このレストランの夕食シーンの描写個人的に好き

・セ○クスの予行練習のように粘膜をくっつけ合う

・プロポーズ完了

・縁寿ブスネタ。ブス派とかわいい派で色々あった気がする

・誰が来たのか。何故隠れたのか

・記念切手を手紙に貼って教会の祭壇かなんかに供えてENDだと予想していたけど外した

・祖母への手紙はこの後送られたのかな

<お茶会>

・イタリアに行った生きた人間は私ですよ

・死んでる戦人ベアトの代わりにデートしてくれた現実世界の誰かさん達がいる


<????>

・動物園編の種明かし。中の人は十八と幾子か。「デートは幾子や十八ぐらいにしか見られてない」って6pにヒントありましたね。気付かなかった

・戦人の記憶を上手く処理して、距離を置くことができたということかな

・告白されてokしたベアト。告白されて回答を保留した幾子。ここで行動が分かれる

・「役目を終えて本来の姿に帰るというも。」
 ここまで十八幾子と戦人ベアトの行動がなんとなくダブってたけど、ここに髪飾りを置いていくことで、お互いがそれぞれの時間を過ごせるように分離したのかな?
 この役目とは、十八幾子が戦人ベアトの依り代となる役目のことだろうか。依り代役をやめる十八幾子
 髪飾りは幻灯機のように戦人ベアトのキスシーン以降を映す…

・イタリア編の種明かし。中の人は縁寿天草か

・ツイッタラー縁寿ぅ

・タロットだー

・ジョジョオタ縁寿ぅ

・天草「四クール!」

・あ、致したと

・爽やかで気持ちのいいラスト


<全体感想>

・温泉旅行のシミュレーション。セ○クスの心の準備ができてないことがわかる→動物園でデート&告白→東京ばな奈を配りつつ祖母に送る手紙を回収→イタリアでハネムーン&プロポーズ
 本編全体の流れとしてはこんな感じ?作中でも言及されてたように、いきなり結婚したせいですっ飛ばしたデートをしましょうってことよね
 セ○クスの前に、徐々に間を詰めるステップを踏もうと

・戦人の女性性への言及が原作より多いね。ラブラブしているので余計気にするのか
 例)女性のオチのない話、月経、口紅を塗り直す

・アイマス、ドラクエ、逆転裁判、ミッフィー繋がりのブラック・ベア等、作者の嗜好がわかりやすく出てくるような

・私見ですが話が進むにつれ文章力も上がっていったような

・バトベア、十幾、天縁、それぞれ書かれてましたね。十幾のしっとり抹茶ケーキみたいな感じも天縁のカラッとした塩煎餅みたいなのも好き。
 バトベアはベアトレーズンが印象的なパウンドケーキ。例えが謎。

・読後感が爽やか。ステンドグラス越しの七色の下で。透明のような金のようなオパール。


とりあえずここまで。
考察はまたじっくり腰を据えて読んでいいですか。ごめんなさい、原作の細部を忘れているもので。
スポンサーサイト

右代宮真里亞とアスペルガー症候群
※アスペルガー症候群(今日自閉症スペクトラムに含まれる)自体の基本的な説明は端折ります。すみません、ググってください。


昔から時々言われてることらしいですけど、真里亞はアスペっ子かもなと思います。
私は医者じゃないし診断基準も曖昧なので断言はしませんが。

これはあくまで個人の見解です。以下の文には全て「と思う」「な気がする」が付いていると思ってください。

アスペへの誤解・偏見に基づいて真里亞クラスタが傷ついたり真里亞叩きの材料になったりするのを私は望みません。



さて本題。真里亞にはアスペの人に多い特徴が結構見られるので、以下に挙げていきます。

・クラスメートと遊べない。大人や年下の子とは上手くいきやすい。両者とも自分のペースに合わせてくれるため。

・歳の割にちょっと子どもっぽい。楼座が焦るレベル。

・好きでこだわる自分語がある。他人に奇異に見られやすい。うーうー。
>「馬鹿言ってんじゃないわよ!! 真里亞がいくつか知ってる? 9歳よ?!
>小学4年生なのよッ?! 幼稚園児じゃないのよッ?! それなのに、まだクラスでうーうー言ってるのよ!! わかる?!
>この子、クラスで何て言っていじめられてるか知ってるの?! この変な口癖のせいで、未だに友達のひとりもいないのよ?! 無責任に真里亞のことを可愛いとか言って現実から目を逸らさないで!! この子の将来のことを、もっともっと真剣に考えてッ!!!」

>「ハロウィンハロウィンうるさいのよあんたは…。魔女のお祭り…? ケルト人が何よ、黒魔術が何よ、馬ッ鹿じゃないの……? あんた、9歳よ9歳…。電車であんなに騒ぐから、わざわざ電車降りてまでその蛍光塗料みたいな気持ち悪いオバケマシュマロを買ってやったのよ…。


・幼少期から特性が出ている。
>「……昔は楼座叔母さんも、真里亞ちゃんの幼児言葉のひとつだくらいにしか思わなかったんだけど…。小学校の中学年になっても、治らないのを最近はだいぶ気にしてて…。」

・オカルト知識豊富。○○博士と呼ばれるアスペっ子は多い。ベアトのような理解者に高く評価されることも。

・その話題になると口調が変わりマシンガントーク発動。

・「ずっと薔薇を探してなさい」の言葉通りに嵐になろうが薔薇を探す。
>…………6年前の真里亞は3歳だった。
>言われたことは何でもかんでも鵜呑みにする無垢な可愛いヤツだった。
>…しかしあれから6年経ってるんだぞ!
>9歳にもなりゃ、良いことも悪いことも経験して普通はスレる。
>……なのにお前ってヤツはまだ純粋無垢なままでいやがるってのか…?!


・反響言語(エコラリア)。
>「…………不吉。…………不吉。」
>真里亞はうわ言のようにその言葉を繰り返す。
>ひとつの単語を連呼するのは真里亞の昔からの癖らしい。


下はちょっと自信がないです。要再考。

・時と場合によってはちょっと表情が乏しい?
>真里亞が俺の背中をさするような仕草をしてくれたので、お返しに頭をぽんぽんと叩いてやった。
>…表情は相変わらずの無表情だか、気遣いたい気持ちが伝わってくる。

>…真里亞は母である楼座叔母さんが殺されたと教えられえても、特に感情のゆらめきを見せなかった。
>…真里亞の9歳という年齢は、こんなにも幼いものだったのだろうか……。


・愚直、真面目、素直。アスペっ子がよく言われる気が…する。
 「障害者はココロがキレイ☆」ってんじゃなくて、人間関係不器用だとそうもなりやすい気がする。表裏なかったりね。
>「お、おいおい…、真里亞は9歳のお子様だぜ?! 誰と、何を共謀するってんだよ! しかも愚直で真面目で素直なあの性分だぜ?!」



<おまけ>

楼座にアスペの知識があったら、真里亞とそこまで拗れなかったのかな、と妄想してみます。
しかし、そもそもアスペルガー症候群という診断名ができたのは1981年のイギリス外国でのこと。
知名度も低く、一般向けの関連書籍もあまり出てなかったでしょうから、1986年までの時点で楼座が気付くのは相当難しいと思います。



ちなみに参考年表(?)

1944年 ハンス・アスペルガーが論文を発表する

1981年 ローナ・ウイングがアスペルガーの業績を紹介・再評価。英語圏で話題に。
     当事者に共通して見られる特性が「三つ組の障害(※社会性・コミュニケーション・想像力)」としてまとめられ、アスペルガー症候群という診断名になる

1986年 六軒島爆発事故が起きる

2004年 日本で発達障害者支援法ができる

2013年 DSM-5でアスペルガー症候群という診断名が消え、自閉症スペクトラムに統合される


参考文献
・07th Expansion 製作(2007)『うみねこのなく頃に』
・宮尾 益知 監修 (2015)『女性のアスペルガー症候群 』健康ライブラリーイラスト版
・本田 秀夫 著 (2013)『自閉症スペクトラム -10人に1人が抱える「生きづらさ」の正体- 』ソフトバンク新書

参考URL
・「アスペルガー症候群を知っていますか?」Web版・日本語

「最終話 黄金郷」の感想
ツイッターで実況してたのまとめます
オレンジ字はふせったーでふせてた所です


うわああああああ十八さんだあああああ
戦人譲りの巨体を車椅子に乗せてるよ!!!ちょっと車椅子が小さそうだね!!!
顔のしわきっちり書いてくるねーでも肩と髪のボリュームからしてそこまで老けてなさそうだ
縁寿30代十八50代って感じかな


十八さんって恵まれた顔や体を受け継いだとはいえ何かバグみたいな生まれ方したから辛かっただろうな
だって十八さん実質親とか無しにぽっと生まれたようなもんだもんな

親に愛されて育まれた記憶も他人の物になっちゃうんだから自分の分の大切な記憶がなくなっちゃうよな

・十八さんの顔コマによって留弗夫っぽくなったりする
・顔覆って泣くのすごくいい絵ですありがとうございます
・若干よそよそしい十八さん正直嫌いじゃない
・天草も老けて出てきてワロタ


うわああああああバトばとおやだああああああああうわああああああああああ
しかも十八の記憶の戦人がバトラ卿に穏やかな顔で吸収されていったあああああうわああああああ
十八さんそれ見届けて生き残ってるうううううわああああああ

バトラ卿出して原作の補完したんだろうけど漫画が初見の人にゃカオスだなこれは
バトばとおやで私得ですが
「この物語を最愛の魔女ベアトリーチェに捧げる」がないね


うん素晴らしかった!
でも今滅茶苦茶疲れてるのでまた後ほど…

何か胸に空白ができた気分だ
ほんとに終わっちゃったなぁ

まさか一コマ内にバトばとおやが同時に描かれるとは思っていなかったよ…
あぁ…(嘆息)

バトラ卿すっげぇ優しい顔で吸収してる

十八さんが観測をやめてもバトベアが、黄金郷が存在し続けているのがすごくいいなぁ
まぁ縁寿や幾子、読者が観測してんのかもしれんけどさ

十八の泣き顔が戦人のそれに似てて興奮する

そっか十八さん脳障害かー

脳障害はほんと色々あって面白いから十八さんのケースが実際にあったとしてもあんま驚かん気がする


ざっとこんな感じかね
あとは莉音さんとばとばとおやでひたすら盛り上がってたなぁ
ほとんど十八語りじゃねーか!!!!

『うみねこのなく頃に』に見るポストモダニズム
文学批評入門の授業のレポートをうみねこで書いたらA(優)評価がいただけたよ!!!
フォロワーの皆さんが興味を持ってくださったのが嬉しかったのでレポート全文貼っときます
著作権は私にあるはず


『うみねこのなく頃に』に見るポストモダニズム

 本レポートでは、07th Expansion制作の同人ゲーム『うみねこのなく頃に』にはどのようなポストモダニズムの要素が見られるかをテーマに考察する。本作は、本来ポストモダニズムが対象とする20世紀文学には該当しないものの、ポストモダニズムの取り扱う要素を十分に含んでいる物と判断し、今回考察の対象とした。
 本作では大富豪右代宮一族が親族会議のため六軒島に集まり、謎の爆発事故によって数人の生き残りを除き全滅する。そして事故の後、その日の六軒島を舞台にし、事故に巻き込まれた人々を登場人物とした連続殺人物語の書かれた、粗筋の異なるボトルメールが二本拾われる。これによりこの事故は世間で大いにもてはやされるようになり、このボトルメールに便乗し、同じ舞台と登場人物を用いた全く新しい筋の連続殺人物語、「偽書」を書いて世間に流布する人間まで現れるようになる。そうなると六軒島では結局何が起こったのか知りたがる人々も出てくるが、真相は明かされぬまま六軒島ブームは終焉していく。
 本作には最初の二本のボトルメールの執筆者であるベアトリーチェと名乗る女性が登場する。所詮真実などそれらしいまがい物で隠されてしまうものなのだと嘆く一方で、彼女は六軒島の真実を闇に閉ざし、更にその全容らしき内容が書かれたボトルメールを複数発見させることで、六軒島で何が起こったのかを無限に空想し、無限に「偽書」を紡げるようにしたのだと得意げにもする。彼女のこの二つの態度は、郷愁のモダニズムと開き直りのポストモダニズムをそれぞれ象徴しているようにも見える。多くの偽りが真実を遠ざけてしまう悲しみと、その多くの偽りをかえって物語として楽しんでしまう態度である。
 また、彼女は詳しくこう語る。六軒島を「シュレディンガーの猫」のように観測不可能な世界に閉じ込めることで、生きている猫も死んでいる猫も箱の中で同時に存在させられるように、粗筋の異なる連続殺人物語をその日の六軒島に同時に存在させられるようにしたのだと。すると真実というのはもはや存在せず、どんなに真実らしい物語でも他の「偽書」と同等の現実性しか持ちえないということになり、真実と偽りの間にはもはや優劣関係も存在しないことになる。まさしくこれが「リアルなものの喪失」である。ボトルメールや「偽書」はボードリヤールの唱えるオリジナルなき模造品「シミュラークル」であり、それが「偽書」だらけの「ハイパーリアル」な世界を構成するのである。
 以上により、『うみねこのなく頃に』にはモダニズムとポストモダニズムの対照的な物の捉え方と、「シミュラークル」と「ハイパーリアリティ」が見出せると結論する。

参考文献
・ピーター,バリー(2014)『文学理論講義』高橋和久監訳,ミネルヴァ書房
・07th Expansion(2007)『うみねこのなく頃に』

ジョーカー六月号のうみねこの感想2 呟いたのまとめ
twitter、ふせったーで呟いた感想をまとめました
ふせていた文字はオレンジで表記しています
1ツイート毎に行間を開けています


ジョーカーのうみねこ読んだ
えっちょっと待って衝撃の事実明かしてないえちょっと待って

バトベア心中からep1のメタバトベアにつながるってことなのつまりは?え、えぇ!?

じゃあep1~ep5のベアトは戦人にこの心中やイチャイチャのことも思い出してほしかったってことなの
ねえ勘違い?これ私の勘違い?

私はすごくびっくりしたんだけど何で全然話題になってないのさ!?!?
ああ、まだみんな読んでないのか?

ああもう今回の感想一々伏せるのも面倒くさいからブログにまとめる!

もうポルナレフよポルナレフ

ジョーカー六月号のうみねこの感想 http://linkis.com/volbako.blog.fc2.com/GePNg

本当最後まで楽しませてくれるじゃないかうみねこは!!!!

新しいバトベアすごく美味しいです夏海先生本当に本当にありがとうございます!!!!

トータルで二時間近く今月号のうみねこ眺めまわしてた

じゃあ煉獄って表現してたけど正にあれは煉獄だったんだな…

興奮を持て余す

脳の変な汁ヤバいんだけど

弔い系男子戦人さん

あの心中から戦人犬調教プレイに移行すると考えるとすげー胸熱

今月号のラストの追加部分推理できてた人いたんだろうか
いやちょっともう見たことなくて不意打ち過ぎてすごくびっくりしてるんだけど

(正直お前をさらうより世界を見せてやるぜの方が口説き文句として好き)

ep5の戦人ね、何であそこまで謝るんだろうと思ってたの
この心中あたりのやりとりも思い出してたからかな
口説いて励ましておいてそれらの出来事をすっかり忘れていた自分が申し訳なかったのかな

いや、でもでも、真実に至った戦人が雛ベアト見てキレてたのがよくわからんぞ
だって雛ベアトの喋り方とかって正に今月号のベアトの喋り方じゃん
うーん、でも出題編みたいな喋り方のベアトの方が慣れ親しんでいて好きだったのかな

じゃあep5の駒ベアトの「もう騙されぬぞ」ってこの心中あたりの会話も指してたんだろうか
で、戦人が「俺がお前にどんな嘘を吐いた?」って返すの
だって『もう』ってことは、騙されたのが一度だけじゃないってことでしょ?


あのラストの追加部分本当推理してた人いたんだろうか



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。